2016年09月07日

ブランク明け

なんか久々というより...更新できるのか?
という疑問が先にくる不思議。


今週、マカヒキの出走するニエル賞をグリーンチャンネルが
無料放送してくれるのは何よりですが、どういう競馬をしてくるかが
気になります。少頭数は確実なだけに大外マクリをする可能性が高い
ですが、本番を見据えてイン突きを試すようなら面白いかも。

まぁ、友道師といえばアンライバルド・アドマイヤジュピタらの例を
出すまでもなく前哨戦からキッチリ仕上げる厩舎。まずはどんなレース
をしてくれるのか注目したいと思います。


そしてPOGについても少し触れておきましょう。

前2年がボロボロの成績だっただけに今年は参加を迷いましたが結局は参戦。
(ルールは10頭持ちで地方・海外は重賞のみポイントと見なす方式に)

獲得したのは順にノーザンスピード・エアウィンザー・ユイフィーユ・
サトノグラン・ピスカデーラ・ポポカテペトル・ダノンチャンス・
ディバインコード・マイネルバールマン・ダブルディライト。

先週のユイフィーユこそ7着に敗れてしまいましたが、それ以外は全て
掲示板を確保と自分なりには納得した戦績かな、と。

正直、出走馬が1番人気に支持されるケースは多々あれど勝ち切れない
のは何ともモドかしいですが、今年のテーマは「一口で損をしなさそうな馬で」
だっただけに、故障せず一定レベルの能力を有したタイプで固めてみました。

POG期間を4分割すれば先週で第1クォーター終了。

今週はアスター賞に出走するディバインコードに注目していますが、まずは
無事に走ってくれる事を願っています。


最後に現実に一口投資をする羽目になったマイネルデライトについても少し。

先週の段階で栗東・中村均厩舎に入厩、今後はゲート試験合格を目指すという事です。
春先に発売された各POG本ではことごとくスルーされてしまいましたが、あの頃とは
雰囲気も一変。ラフィアンTCのHPで写真が見られますので興味のある方は是非、
御覧になってみてください。

ちなみに母系はサクラバクシンオーやアンバーシャダイらで有名なクリアアンバー系。
最近では朝日杯勝ちのアルフレードやNHKマイルC・2着のインパルスヒーローが有名
ですね。出資ポイントとしては「近年、非社台の牧場からでも重賞活躍馬を出している
牝系」だった事です。

まずはデビューへ向けて一歩一歩、ゆっくりと進んでいってほしいですね。


次の更新はいつになるだろうか.....また頑張ります。
posted by Rumbling Rose at 18:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

一息ついて溜息

今朝のラジオでやたらプリンスの曲が流れてるな、と思ったら訃報の知らせが。

ちょうど昨日、ドキュメンタリーの「SLAVE TRADE」を見終わりN・E・W・SのCDを
Amazonで注文したばかりだったのでかなり驚き。

正直、(全盛期と言われる)80年代の彼は好きじゃない。凄いエネルギーを感じる
雰囲気を漂わせてるのに、そのパフォーマンスが小さくまとまったモノだったから。

晩年に発表されたMusicologyも同じ。「なんだ、久々の駄作だな」と思ったら近年に
ないヒットを記録しツアーも大成功と一般の音楽ファンと自らのズレを確認する有様に(笑)。

彼のアルバムで特に好きだったのがGold Experience・emancipation・Crystal Ball・
the rainbow childrenの4つ。特にthe rainbow - は秀逸のデキ。

発売当時はどうしてこのアルバムが話題にならないのか?と疑問に思ってましたが、
SLAVE TRADEを見て納得。そりゃ仕方ないよねww

90年代、「インターネットの時代が来たらCDなど誰も買わなくなり、音楽産業は衰退する」と
いう発言は当時、嘲笑され誰も信じようとしなかった(そりゃ、そうだよね)。

そう考えると、先見の明はスゴすぎです。

やっぱり、1958年に生まれたあの3人(マイケルジャクソン・プリンス・マドンナ)は特別すぎる
何かを持っているのだなぁ。本当、改めて思います。

追悼と感謝の気持ちを感じて更新させていただきました。

競馬のハナシじゃなくてゴメンなさい。
posted by Rumbling Rose at 11:12| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

反省の残る一戦

皐月賞は色んな意味で想定外でした。

まぁ、それも含めて競馬、自分の弱さは認めねば。


それにしてもディーマジェスティは見事な末脚。ディープ産駒と
[4−n]は相性が悪いのでGIではキツいと見て消しましたが、
良馬場ながら消耗戦でレース上がりは35.6秒。

しかも内は少々荒れ気味の上、リオン・エア・ロブソンの脚が上がり
壁になる始末。これでは内からの差しは厳しいですし、外々を通る
差し馬に有利な流れ。期待したナムラは一瞬、良い脚を見せたものの
伸びず。さすがにこの時計では厳しかったか。


次のダービーではディーマジェスティを加えた上位5頭の争いになりそう
ですが、期待は今回ヨレて降着の憂き目にあったリオンディーズ。

理由は当然16号のGI好走パターンである「凡走後の距離延長GI」だから。
下手をすれば4番人気以下も有り得るだけに、今後の調整過程やローテを
注視したいところです。


posted by Rumbling Rose at 20:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする